医療脱毛なら大満足の効果を実感!脇やVIO脱毛がおすすめなワケ

デリケートゾーンの脱毛は、初めての場合とても不安に思う点が多いのではないかと思います。

安心しながら、なるべく早く効果を実感したい方にオススメなのが医療脱毛です。安く受けるにはどうしたら良いか、シミやほくろについての情報もまとめました。

VIO脱毛は医療機関で行うのがおすすめ!

VIO(Vライン・Iライン・Oライン)脱毛は色々な方法が存在しますが、医療機関で施術してもらうのが一番効果が高く安全と言えます。

なぜならVIOラインは皮膚の中でもかなりデリケートな部位であり粘膜にも近いので、誤った処理をするとブツブツや痒み・色素沈着などの皮膚トラブルが起きる原因になります。また自分ではどの程度ムダ毛があるかなど確認するのが難しい部位ですので、自己処理はおすすめできません。

医療機関は効果が出るのが早く仕上がりが綺麗

クリニックのレーザー脱毛が良いとされる具体的な例としては、効果が出るのが早く仕上がりが断然きれいという点があげられます。エステの光脱毛も効果はありますが、レーザー脱毛はパワーが違いますので効果の出方に差が出てきます。完璧にツルツルにする場合、クリニックだと約1年半~2年で終了するのに対し、エステは約3~5年ほどかかってしまいます。

万が一トラブルが起こっても医師が対処してくれる

また、医療機関ですのでもし施術後にトラブルが起きたとしてもしっかり対処してくれますので、安心して受けられる点も魅力的です。VIOラインはデリケートなので、料金の安さにとらわれず安全面を優先して施術方法を選ぶのが賢いやり方と言えます。

以上のことから、VIO脱毛を行うならやはり医療機関での施術が一番おすすめです。

VIO脱毛をなるべく安く受けるには?

脱毛は痛そうだけど、現在はそれほど痛みがないから安心して大丈夫です。もし、不安なら、カウンセリングの際にスタッフに相談してみましょう。施術時に、痛みが苦手だと話してもオッケーです。その都度、痛みが苦手なのを伝えていると、エステシャンも気に留めてくれます。痛みが抑えられる方法がたくさんあるので、快適に施術が受けられます。

脇に続いて人気急上昇しているのが「VIO脱毛」

今、脱毛の部位で人気なのが、VIOラインです。VIOラインはどこだろうと思われる人が居るかもしれませんが、デリケートゾーンと言えばわかりやすいかもしれません。

水着や下着を着る時に目立つ場所なので、友達と遊びに行った時に、綺麗に思われたいなら、断然脱毛がおすすめです。最初、部位ごとの脱毛をしていたのに、VIOもやりたいと思って始める女子が急増中です。

お得なキャンペーンを利用すると更に安く施術可能

部位ごとにやるなら、もっと安く出来る方法がいくらでもあります。キャンペーンや全身など、いろんな安くできる手段があるので、事前にVIO経験者の口コミを参考に、やってみるかどうか検討してみてください。

VIO経験者からは、やってよかったという口コミがたくさん寄せられています。ほかの部位に比べてデリケートな場所なので不安に思うかもしれないけれど、施術が終われば大丈夫なので、どなたでも安心して施術が受けられます。

光が照射できない肌状態について

色素沈着やシミがある場合

VIOラインとは、ビキニラインのV、陰部周辺のI、肛門周辺のOのことで、ここを脱毛することによって、水着や下着から毛がはみ出る心配がなくなり、ムレなどの不快感を解消して、清潔感を保ちやすくなります。VIOは、衛生面にも細心の注意を払う必要があるデリケートな部位なので、無闇な自己処理ではなく、プロによってお手入れを受けるのが理想的です。

VIOのお手入れに適した施術方法のひとつには、光脱毛があります。光を照射して、発毛のもとになる細胞にダメージを与えて、制毛をします。光は黒い色に反応するので、明るい色の肌には負担が少なく、痛みもほとんどありません。

ただし、シミなどの色素が沈着した皮膚の上には、照射できません。炎症ややけどの危険性があるからです。色素沈着のある皮膚の上に生えた毛は、ニードル脱毛で処理することが可能です。毛穴に細い針を刺して電気を流し、発毛組織を凝固させて、毛が再び生えてこないように促します。

いずれの方法でも、毛の生えかわる毛周期に合わせてお手入れを施すことによって、より効率良く脱毛が可能になります。VIOの場合、約1~2カ月おきのケアを数回繰り返せば、毛が薄くなったと実感できます。

ほくろがある場合

VIO脱毛は、VラインIラインOラインをまとめて施術することで、女性のアンダーヘアを処理します。この部位は、他の部位より毛が太く、濃いという特徴があります。施術では、黒い色に反応する特別な光を当てて脱毛しますが、濃く太い毛は光がよく反応するので、効果が得られやすいという特徴があります。

しかし、VIOは毛の生える周期がばらばらなので、他の部位に比べると毛がなくなるまでの期間が長くかかります。ツルツルの毛が一本もない状態にするのか、毛を薄くするのかで期間は変わりますが、目安として2年は見ておきましょう。

VIOは、日頃自分ではなかなか見る機会がありませんが、皮膚ですのでほくろがあることがあります。ほくろは、皮膚の色に比べると黒いので、照射すると光が反応してしまい、熱によりヤケドをしてしまうことがあります。ですから、ほくろに肌色の保護テープを貼り、隠してから施術をすることになります。

色素沈着など他より黒い部分にも、同様にテープを貼って保護します。施術する範囲が狭い場合は、テープを貼らずに、ほくろを避けて照射することで、光が反応しないようにすることがあります。施術の前に、皮膚や毛の状態を確認することで、安全に脱毛できます。

ここがポイント!
色素沈着や、ほくろがあった場合は保護テープを貼ってもらい避けながら照射してもらいます。

脇脱毛とVIOは人気の部位です

脱毛はまずどの部位から始めるかとなれば、多くの人が脇を選ぶのではないでしょうか。剃り残しが見られて最も恥ずかしいのはわきでもありますが、VIOラインも恥ずかしいものです。

こまめな除毛処理もいいですが、VIOラインはデリケートな部分でもあるのでカミソリの刃を使用するのは危険が伴い、部位的にも自分で見えにくいために合わせ鏡の必要があり、形的にも処理が難しい場所です。近年では、繰り返し続ける除毛処理に嫌気がさしたという人にも脱毛が人気です。

毛根から処理してしまう脱毛は、処理後にまた毛根ができて目に見える肌の表面まで生えてくるのに時間がかかるため効果が長続きします。即効性を求めるのであればブラジリアンワックス脱毛もいいですが、処理前にはワックスに毛が絡むよう伸ばしておかなければならないので、海に旅行に行く前などでは向いています。

キャンペーンを上手に利用してお得にVIO脱毛をしましょう

もちろんいろいろなサロンのキャンペーンをお得に利用することもできます。沢山のサロンに定期的に通うのは面倒ですが、うまく利用すればとても安上がりです。VIOは安いけど他の箇所は安くないとか、サロンによって事情はさまざまです。また同じサロンでも時期によってキャンペーンが変わるので値段もそのたびに異なります。

現在は多くの女性がVIO脱毛に関心がありますが、Vラインのデザインは自分で決めることができるサロンが良いでしょう。しかしキャンペーンではすでにデザインが指定されていて、脱毛範囲もかなり狭いことがあります。もし決められた範囲で満足できなければ、本コースに入会する必要があります。

生理の時には施術NGなので予約の融通が利くサロンがおすすめ

キャンペーンはお得ですが、やはりそれだけでは不十分ということが多々あります。VIOはデリケートな場所なので生理中の施術はできません。ですから予約とキャンセルがしやすいサロンでないと大変通いにくいです。もし生理になったらすぐに予約を変更してもらうようにしましょう。

ブライダルコースでもVIO脱毛は必要?

エステサロンのブライダルコースでは結婚式に向けた施術内容で進められるため、一般的には露出度が多い部分のケアやドレスを着こなすためのケアが行われています。しかし余裕があればVIO脱毛も選択することが良い方法です。

水着になる機械がある方はVIO脱毛をしておくと安心

結婚式が終わると新婚旅行に行きますが、現在では海外へ行くのが主流です。新婚旅行は人により場所が異なりますが、常夏のバカンスでは水着になる機会があります。水着になると気になるのがアンダーヘアの毛がはみ出てしまうことですが、そのためにブライダルコースにもVIO脱毛を組み込むのが良い方法です。

せっかくのハネムーンで毛がはみ出てしまっては台無しですし、パートナーがいるところでムダ毛処理はできませんので、ブライダルコースのついでにVIO脱毛をするのがおすすめだと言えます。VIOの処理を行っていれば急に水着を着ることになっても困ることはありませんので、ハネムーンを思う存分楽しむことが可能です。

VIOの処理はプロの施術の方が効率が良い

VIOは自分で処理するのが難しい部分となりますので、エステサロンやクリニックの施術を受けるのが基本となります。Vラインは自己処理でも可能ですが、IラインやOラインはプロの施術を受けたほうが効率よく脱毛ができます。