医療脱毛で注意すべき肌トラブル・やけどをしない為には?

医療脱毛をするにあたって、肌トラブルはとても不安ですよね。誰の身にも起こりうるトラブルについての注意点や、やけどについての情報をまとめました。

また、高校生での医療脱毛や自己処理の仕方についてまとめました。

医療脱毛の注意点について

ワックス脱毛は、引き抜くだけでまとめてむだ毛が処理できるという即効性がありますが、痛みが激しくつらいという人も多いものです。痛いのを我慢したわりにはまた同じようにむだ毛が生えてくるので繰り返しになってしまいます。

医療脱毛は、引き抜かない脱毛という点がワックス脱毛と違っていますが、むだ毛が生えてこないようにすることを目的として行われている点でも違っています。黒い色に反応するというレーザーの光の特性を生かした脱毛法で、脱毛したい部分の肌を除毛しておき肌の上から光を一瞬照射させます。

光は波長が長いことから肌の表面を通過し、その奥にある毛の生える組織を破壊することができます。機能を失ったむだ毛はだんだんと弱って細くなり、次第に生えなくなるという仕組みになっています。

医療脱毛と似たような手法で行われるフラッシュ脱毛は、医師のいない場での施術が可能でありエステサロンや脱毛サロンで受けることができます。しかし、組織を壊す力が光にないので長期的に施術を繰り返す必要があります。ただ、肌の弱い人に取っては医療脱毛の注意点でもある肌荒れの心配も少ないので敏感肌の人には向いています。

医療脱毛は、効果が高いながらも強い光であることから肌表面のやけどの恐れなどの注意点も多いものです。施術前には医師にしっかりと診てもらい、相談しておくといいでしょう。

肌トラブルを避けて効果的な医療脱毛をするための選び方

医療脱毛とは、医療機関系等に分類される脱毛クリニックで行われる、ムダ毛処理の施術のことです。お手入れを行うスタッフは、医療資格保持者なので、肌トラブルのリスクが少なく、安心です。

主な医療脱毛の方法としては、光やレーザーを照射する方法、毛穴に針を刺して電気を流すニードル方法があります。医療法に基づいた施術を行っており、エステサロンよりも強い出力の光やレーザーを使用できるので、より高い効果が期待できます。

また、ニードル脱毛の場合、永続性が高い脱毛効果を得られますが、針を刺すときに多少の痛みを伴います。ただし、医療脱毛では、麻酔の使用が認可されているので、痛みを我慢する必要がありません。

いずれも、毛の生えかわる毛周期に合わせてケアを繰り返していくうちに、だんだんと毛が薄くなり、生えにくくなります。数回はクリニックに通う必要があるので、失敗しない選び方の第一条件に、家や職場などから通いやすい立地条件というのが挙げられます。

クリニックの選び方の第二の条件は、スタッフの態度が良いことです。様々なトラブルを回避するためには、事前のカウンセリングで、しっかり施術について説明してもらっていることが肝心になるからです。

医療脱毛のやけどトラブルの危険性

医療脱毛では出力の高い装置を使用できるため、効果の高い脱毛を行えます。しかし、出力が高ければ皮膚で吸収されるレーザーの量も多くなるため皮膚もダメージを受けやすくなり、色素の濃い部位ではさらに吸収量が増えるため、やけどトラブルが起きる危険性があります。

医療脱毛ではこの危険性を十分に認識しており、また、皮膚の強さには個人差があるため、照射を行う前に皮膚の診察を行い、適切な出力の調整を行います。そのため、安全性は高くなっています。しかし、絶対に調整ミスが起きないとは言い切れず、ミスを起こせばやけどトラブルが発生します。

この危険性を避けるには、本番の施術を行う前に試射を行う医療機関を利用すると良いです。この試射で痛みが強かったり、異常が起きた場合には利用を止めることができます。また、やけどが起きても施術者が気付かないこともあるため、施術中に普段よりも強い痛みを感じた場合は我慢せずにすぐに伝えるようにします。

医療脱毛は医療機関で行われるため、もしやけどトラブルが起きた場合でもすぐに対処を行えるメリットがあります。しかし、治療を行っても色素沈着が残ってしまうこともあるためトラブルが起きない方が良く、口コミなどで評判を確認して医療機関を選ぶと安全です。

高校生が医療脱毛を受けるときの注意点

むだ毛が気になって、友達づきあいがうまくできなかったり、悩みが深刻で、勉強や生活に専念できないなど、むだ毛の悩みは思春期の高校生にとって深刻です。ファッションに目覚め、友達と楽しく過ごせる時期だったり、伊勢いのことが気になり始める時期なので、自分の体のことでコンプレックスを持つことは、とても辛くて、一人で悩んでしまうこともあります。

高校生でも医療脱毛を受けることができますが、施術を受けるためには、保護者の同意が必要です。保護者としっかり話し合って、できるだけ、保護者と一緒にクリニックを訪れ、悩みを相談したり、一緒にカウンセリングを受けることをおすすめします。親子ともが、カウンセリングで納得した場合に、医療脱毛を受けることが良いでしょう。

成長期の高校生が医療脱毛を受けて、永久脱毛ができたとしても、まだ、成長期なので、毛根が活発になり、後から毛が生えてくる可能性もあります。今後のこともしっかりと、親子で知った上で、施術を受けるようにしましょう。

お手入れが楽になり、むだ毛が目立ちにくくなるので、堂々と自信を持って生活し、勉強や友だち関係に専念できるようになることが期待できるので、メリットやデメリットをカウンセリングでしっかりと理解してから医療脱毛を受けることがおすすめです。

医療脱毛で毛が濃くなることはあるか

医療脱毛を行った後に、確率は高くはありませんが毛が濃くなる現象が起きることがあります。ただし、これは実際に濃くなる硬毛化と呼ばれる現象が起きている場合と勘違いの場合があります。また、起きやすい部位が決まっており、顔や背中、手の甲など、メラニン色素の薄い細い毛が生えているところで起きます。

まず、勘違いするケースについて、医療脱毛を利用する前に自己処理で毛を短く剃ります。このときに毛が斜めに剃れて断面が太くなり、施術を受けた後に毛を見ると太くなったように見えるものです。

実際に医療脱毛で毛が太く濃くなる原因については分かっておらず、専門家でも意見が分かれていますが、レーザーを照射した際に毛母細胞を破壊できるだけの熱を与えられず、中途半端になってしまったことで刺激を与え、一時的に毛の成長が活性化して太くなると考えられています。

これが起きないようにする対策としては、強い出力で確実に毛母細胞にダメージを与えるという方法があります。しかし、当然のことながら皮膚が受けるダメージも大きくなるため、色白の人以外が受けると火傷する危険性があります。

長期的に見れば照射を繰り返すことで毛が再生しなくなり、薄くなります。そのため、一時的なものと考え、気にしすぎない方が良いです。

医療脱毛では訴訟が起きることがあるか

医療脱毛は医療機関で行うものであり、脱毛装置は医師免許を持っていなければ扱えません。施術を行う前には皮膚の状態を診察するため、安全性が高いです。しかし、ミスを起こして訴訟になるケースもあります。

医療脱毛は高い出力のレーザーを使用するため、皮膚が受けるダメージが大きくなります。脱毛装置には冷却装置も付いており、冷却しながらレーザーを照射しますが、それでも出力の設定を誤れば火傷する危険性があります。この火傷が医療脱毛の訴訟として多いものです。

また、火傷した後の色素沈着で訴訟を起こすこともあります。医療脱毛では万一のトラブルが起きてもその場で対応できるので安心と思いがちですが、治療を行っても元通りにはならず、色素沈着が残ってしまうこともあります。そのため、治療ができるから安心であるとは一概には言えません。

このミスを起こすケースには医師が出力設定を誤る場合もありますが、医師免許を持たない看護師が脱毛装置を扱ったことで起きているものもあります。訴訟を起こしてもかなりの手間がかかり、負ける場合もあります。また、勝てたとしても皮膚が元に戻るのではないため、口コミなどで看護師に施術させたり、ミスを起こしたりしていないか確認してから利用すると安全です。